家族に合った方法で

墓地

通夜や葬儀を行わない直葬はシンプルであるがゆえに、親族全員の理解を得ることが難しい場合もあります。直葬をベースに考えて何か一つ故人をしのぶようなことができれば、親族の理解も得られ家族的な温かい葬儀になると言えるでしょう。

» 詳しくはコチラ

桐ヶ谷斎場の特徴について

最近注目されている直葬の説明を行なっています。どんな内容で費用はいくらかかってくるのかがわかりますよ。

シンプル直葬なら家族だけで故人を弔えます。大阪で葬儀を依頼し悲しみを全て絞り出しましょう。明日からは笑顔で新生活を送れます。

利用時にかかる料金について

線香

桐ヶ谷斎場は、東京都の西五反田にある火葬場併設の民営斎場です。火葬場が併設されている斎場は、地方へ行くと公営斎場であるのが一般的になっています。火葬場は遺体の最終的な処理をする施設であるため、公的機関が取り扱った方がよいと考える人が多いです。地方は有力な民間業者が少ないため、公営の火葬場もしくは火葬場併設斎場が多くなっているのが実情です。しかし、東京には豊富なノウハウや実績を有する民間業者が存在しているため、地方とは逆に公営斎場よりも民営斎場の方が多くなっています。その代表的存在とも言えるのが桐ヶ谷斎場です。民営斎場は高額の料金がかかってしまうのではないかと心配する人が少なくありませんが、公営斎場とそれほど大きな違いがあるわけではありません。確かに公営斎場よりも若干高めの料金設定になっていますが、公営斎場とは比べ物にならないほど施設内が清潔でキレイになっていますので、ほとんどの人が利用して良かったと満足しています。

桐ヶ谷斎場の歴史について

桐ヶ谷斎場は、とても古い歴史を持つ斎場です。ただし、現在使用されている施設は1998年に改築されたものなので、古ぼけた印象は全くありません。敷地内には、6室の斎場と火葬炉12基が設置されています。直葬や一日葬向けのこじんまりとしたサイズの斎場もあれば、大規模な社葬などにも対応できる広い斎場も用意されています。桐ヶ谷斎場は、品川区内にあるため、品川区や目黒区、世田谷区、大田区などに住んでいる人が利用するケースが多いのですが、民営ですからどこに住んでいる人でも同じ料金で利用することができます。先程、桐ヶ谷斎場はとても古い歴史を持つ斎場だと述べましたが、そもそもの始まりは江戸幕府の第三代将軍である徳川家光の時代に遡ると言われています。昭和の時代になってから現在の運営母体である民間業者が桐ヶ谷斎場の経営権を持つようになったのですが、これまでに数多くの著名人の葬儀が営まれてきました。

しっかりとした葬儀費用を提案してくれる武蔵野市で葬儀をしましょう。遺族からの疑問を解決し心温まる葬儀を提供してくれます。

大切な故人に立派なお見送りを
拝む人

葬儀の歴史

人が死ぬと行うのが葬儀です。葬儀は仏式でできるだけ立派に行われるのが一般的でしたが、最近はシンプルで経済的な直葬が人気です。直葬は最小限のコストと時間で故人とお別れすることができる現代人のお葬式です。

» 詳しくはコチラ

白色の花

眠る場所

亡くなった人の遺骨を安置する場所として、霊園と納骨堂があります。こちらのページでは、納骨堂に関する説明のほか、霊園の特徴などについてご紹介しているので、参考にしてみてください。

» 詳しくはコチラ